新人必見!? 短期目標への近道【チームアプローチ】

お疲れ様です。

最近バイクで転倒して擦り傷で何とか済んだろじウラのPT @roziuranoPTです。

バイクで転倒しても、擦り傷。

歩行で転倒すると、骨折。

やっぱ年齢とか、骨密度、身体機能って大事だなと改めて思い、看護師から傷口の処置の仕方も教えてもらい、タダでは起きない(笑)

 

 

さて、今回は以前Twitterでも投稿し、いいね。を数件頂いた事に関して書かせてもらいます。

null

基本的な事言うと、PTは基本動作OTは日常生活活動STは社会参加ですよ。上肢、下肢、嚥下、高次脳etcで分けるんじゃなくて、基本動作に必要ADLに必要社会参加必要ならどこの治療しても良くない?なんなら、STさんが嚥下の為に歩行、座位練習するのもありだと思う。その逆もまた然り。


※また、僕の見解なのであくまでも参考程度に留めて貰えると幸いです。

 

僕個人が思う、セラピストの役割は、

 

PT:基本動作を通して、社会参加の獲得

OT:日常生活活動を通して、社会参加の獲得

ST:意思疎通、食事などの高次能面を通して、社会参加の獲得

 

が第1に忘れてはいけない事だと感じています。

 

しかし、病院ではPTが下肢、OTが上肢、STが食事・高次脳となぜか分けられているのが現実です。

 

 

僕からしたら、PTがADLしても、OTが歩行練習しても、STが座位練習しても目的がしっかりしているのならいいと思います。

 

しかし、ここで問題になるのが

 

セラピストA
あのPT・OT・ST関係ない分野の治療してるやん。
とあるPT
歩行はPTでするからいいのに。

 

とあるOT
もっと基本動作してくれんとADL出来んじゃん!

 

など反発的な意見が出るのも事実です。

僕も、嚥下に介入している時はそのような感じで言われていました。(笑)

 

なぜこのような事が起こるかと言うと、答えは簡単です。

横との連携を取ってないからです。

その状態で、他科のリハビリを見て、文句を言って。。。

の繰り返しになるのです。

 

横との連携だけではもちろんダメです。

そこで今回は、僕が実際に連携をとる時の考え方について述べていきます。

 

じゃあどうやって連携を取るの?

まず、階層的な考えで患者さんを評価するようにしています。

階層的とは、下から、

 

基本動作⇒移動動作⇒ADL・セルフケア⇒認知・高次脳⇒社会参加

と考えています。

 

基本動作が、出来ていないとその後のその上にあたる移動動作から自身ではできなくなることを示しています。

 

ここまでは、横との連携を取る前の話です。

 

 

ここから、連携を取る時の話をします。

皆さんもそうかもしれませんが、横との連携を取る時に大事にしていることは、短期目標を決めて、それが出来ない動作を分解して考えていきます。

 

僕が意識して連携を取る内容としては、まず何のADL獲得を図るかです。

STには、そのADLができる高次脳があるか。

OTには、ADLを獲得するための高次脳と動作をマッチングしてもらいます。

PTには、ADLを獲得するために必要な基本動作は何かを見極めてもらいます。

これを基本に横との連携を図るようにしています。

 

具体的に、片麻痺(BRSⅢ程度、高次脳なし)で病棟内移動が車椅子だと想定します。

 

この方の、社会参加するにはセルフケアが必要になります。

その中でもまず病棟内で獲得でき、社会として必要になるのはトイレ動作だと僕は考えています。

 

トイレ動作を獲得する為に、まず

認知・高次脳がしっかりしているか、

獲得する為に必要な動作は何か、

その動作を獲得するために必要な基本動作は何か、

をPT・OT・STと話し短期目標を統一し、治療を連携して行えるようにします。

 

 

トイレ動作を例にすると、

基本動作では、まず寝返り・起き上がり・座位保持が出来るか

移動動作では、座位保持、立位保持、移乗、歩行が出来るか、

 

トイレ内の動作(ADL)としては、

立位での片手操作、両手操作が出来るか、清拭が出来るか

 

認知・高次脳としては、

尿意・便意があるか、

見守りならナースコールが押せるか

 

などを考え、今その方に何が出来るかを見定めて短期目標を獲得するようにします。

この具体的な治療までの考え方や問題点の捉え方の内容は、次回のブログで説明していきます。

ぜひ楽しみにしてください!!!

ブログの情報を知りたい方は僕らのTwitterフォローをお願いします!!

(彷徨うPT @samayouPT) (ろじウラのPT @roziuranoPT)

 

このように、横との連携をしっかり取る事で、他科のセラピストが今何の治療をしているのかを把握する事ができ、

 

OTが歩行練習している、

PTが上肢の練習をしている

あのセラピストの治療は何しているのか、、、

っていう考え方は無くなるのではないかと思っています。

 

その為僕は、PTが上肢機能の練習をしても、OTが歩行練習をしても、STが座位練習をしてもいいと思っています。

 

てか、PTの歩行練習は自宅内の移動ではほとんど意味ないですし。

家の中を5m以上(CPGが発火する距離)歩くことはほとんど無いので、OTのキッチン回りの歩行練習とかはかなり、ありがたいと思っています。

他科の治療に対する意見を言うより、まず連携をしっかり取って、

患者さんに何の機能が必要で、どの科がそれに対する治療を得意としているのか、

何を獲得すると短期目標を通して退院できるか

を考えて欲しいと思っています。

 

 

最後に、

横との連携が大事です。

そうすることで、短期目標を共通認識できます。

治療の方向性を共通認識でき、短期目標の早期獲得を目指せるのでないかと思っています。

その内容は次回のブログで上げます。

 

生意気言いましたけど、僕もまだまだなので、頑張っていきたいと思っています。

 

以上で終わり。では。