社会参加についてディスカッション【彷徨うPT版】

こんにちわ、彷徨うPT(@samayouPT)です。

今回は前回の記事の続き、『社会参加についてディスカッション【ろじウラのPT版】』の続きを書いていきます。

ということでICFにおいての「参加」の項目について彷徨うPTの考えを書いていこうと思います。

そして最後に「参加」のその先についても少し書かしてもらいます。

 

 

あくまで僕自身の一個人の意見ですので、参考程度に読んでいただけると幸いです。

 

 

前回の記事のろじウラのPT(@roziuranoPT)の参加に対する考え方も一緒に読んでいただくとより面白く今回の記事が読めると思いますので、ぜひ読んでみてください!

社会参加についてディスカッション【ろじウラのPT版】

お疲れ様です。 ろじウラのPT(@roziuranoPT)です。 今回は、ICFの参加に対して考えていきたいと思います。 次回は彷徨うPT( @samayouPT)が社会参加についての考えを述べます。 因みに参加の定義は 家事や社会生活での役割を果たすこと 参照:標準理学療法学・作業療法学 老年学 第4版 ICFの参加って人によって見解はまちまちだと思います。 …

 

「参加」の内容は具体性が大事!
結論から言うと、僕自身は参加を考える際はどれだけ具体的な内容を考えられているかが大事になってくると思います!!
前回の記事でも参加の定義を書きましたが、
参加の定義は

家事や社会生活での役割を果たすこと

参照:標準理学療法学・作業療法学 老年学 第4版

と書かれています。

この定義から「参加」とは社会復帰に必要な項目だと考えています。

つまり、ゴールに近い内容にもなってくるのかなと思っています。

その為、対象の患者さんや利用者さんが社会復帰する際にどういったことが必要になってくるのか、その人の生活背景に合わせることが重要になってくると思います。

 

学生の頃や、新人の頃は「参加」の項目に『自宅復帰』などを書いてしまいがちだと思います。

僕自身も、とりあえず自宅復帰と考えていた時期はありました…笑

 

ここからは具体的な内容の考え方について説明していきます。

 

具体的な「参加」の内容とは?

それでは、「参加」の項目を具体的に考える方法についてですが、ズバリどれだけその方の生活背景と問題点を繋げられているかが重要になってきます!

例を交えて説明していきます。

※分かりやすく説明するために、細かい問題点は今回省かせてもらいます。

大腿骨頚部骨折の70代の男性が回復期に入院されたとします。

心身機能・身体機能の問題点として「患側の殿筋群の筋力低下」や「術創部の疼痛」、「股関節伸展制限」、「患側下肢の感覚障害」などを認めており、

活動の問題点として「立位保持困難」や「歩行障害」を認めていたとします。その為、問題点をまとめると以下のようになります。

 

ここから次に「参加」について考えます。

 

セラピストA
この人は自宅に帰る予定だから「自宅復帰」かな!
何回も言いますがこれではダメです 笑
ダメというより、ここからもう一歩先を考えていく必要があると思います。
その為に問題点が分かったら、次は生活背景を考えていきます。
情報収集をしていくと、以下のような生活背景が見えてきました。

●独居

●自宅はマンション

●自宅内は上がり框などの段差はほとんどなし。

●手すりは設置されていない。

●家事は全部自分で行っている

●外出する機会は「買い物」「月1回通っている病院への通院」

●買い物は自宅から200m先のスーパーに週2回、通院先の病院は自宅から500m先にある

 

ここから、現在の身体機能の問題点と繋げて自宅に帰れるか1つ1つ考えていきます。

 

まず、現在の身体機能や疾患から予後予測を行い、どれだけ身体機能が回復していくかを考えていきます。

仮に、退院までに「屋内独歩・屋外杖歩行獲得可能」、「家事動作獲得可能」とします。

 

セラピストB
だったら自宅に帰れそうだ!やっぱり参加は自宅復帰かな
確かにこれだけ聞くと帰れそうな気がしますよね。
しかし、歩行についてもう少し考えないといけないことがあります。
それは、この人の生活に実用的な歩行を獲得出来ているかです。
そうです、この方は1人で自宅から200m先のスーパーに買い物に行くのと500m先の病院に通院しなくてはいけないのです。
ということは買い物なら「自宅とスーパーとの往復の距離+スーパー内での移動+荷物を持っての歩行」が可能か
通院なら「自宅と病院の往復の距離の歩行」が可能かを考える必要があります。
その為、歩行距離を考えると最低でも杖歩行で1kmは歩行可能なのかを考える必要があります。また、買い物の荷物を持って200mの杖歩行が可能なのかも考える必要ありますね。
買い物の荷物を持っての200mの杖歩行が可能な場合は、1kmの杖歩行が可能なのかを考える必要があります。
その為、参加の内容は以下のようになります。
こういった流れです。
「参加」のその先を考える
最後に今回の内容とは少しずれますが、「参加」のその先になにがあるのか僕自身の考えを少し書かしてもらいます。
「参加」のその先、それはQOLの向上です!!
最初にお話ししましたが、「参加」とは社会復帰に必要な項目だと僕は考えています。
その為、「参加」が達成するということは社会復帰が達成したといことになります。
その方が日々の生活に戻れたことになるため、その先を考えると日々の生活における満足度を上げることになります。
病院では社会復帰に達成することが重要になると思いますが、
その人が日々の生活に戻った後も満足度の高い生活を送れるようになることもとても大事なことだと思います。
今回は、「参加」の考え方について書かしてもらいましたが、それに加えて社会復帰した後の生活についても是非考えてみてください!
次回の記事では、「参加」のその先についての考えをもっと詳しく書こうと思うので、是非読んでください!!
まとめ
今回は、ICFの「参加」について彷徨うPTの考えを書きました。
「参加」の内容は人によって考え方が様々あるため、答えはないと思います。しかし、最終的にはその人のゴールの道しるべにならなくてはいけいないと思います。
その為、僕の中で社会復帰するために必要なことを、より具体的な内容を考える必要があるのかなと思っています。
人によって生活背景や疾患、身体機能の予後は違います。そういった違いの中から、その人らしい生活を送れるようにするために、こういったICFを利用していくことでその人の為に必要なリハビリを少しでも考えていければなと思います。
今回の記事の内容が少しでも参加やゴール設定の助けになれば幸いです。
それでは今回はこれで終わります。最後まで読んでいただきありがとうございました。