自分の考えをアウトプットすることの重要性

こんにちわ、彷徨うPT(@samayouPT)です。

みなさんは自分の本当の気持ちを誰かに伝えていますか?

家族との会話、友達との会話、職場などなど

逆に、誰にも自分の考えを伝えられていませんか?

僕自身はコミュ障なので、1年目から2年目の時は結構自分の考えを誰にも伝えられないことが多かったです。

しかし、本当は自分の考えをアウトプットすることって結構重要なことなんです。

 

セラピストA
そんなこと当たり前だよ(笑)
と思った方、多いと思います。
けど実際は無意識に自分の考えを抑え込んでいる人って多いと思います。周りの目を気にしたり、常識に囚われすぎていたり、自分に対して悲観的になっていたり、色んな理由があって気持ちを抑え込んでいることに気づけていない人って多いと思います。
そこで、今回は自分の考えをアウトプットすることの重要性とアウトプットする方法について書かしてもらいます。
はじめに注意しておきますが
ここで伝えたいことは自己中心的な人になれということではないのでそこのことを踏まえて読んでください。
考えをアウトプットすることの重要性
はじめに、結論から話します。アウトプットすることがなぜ重要なのか、以下まとめました。
①自分のしたいことが見つかるヒントになる
②努力の方向性が分かる
③考えの幅が広がる
④知らない自分に気づける
1つずつ説明していきます。
①自分のしたいことが見つかるヒントになる
これは、将来自分がしたいことが見つかるかもしれないということです。
自分が将来したいことってほとんどの人が分からないと思います。僕も自分の将来が分からないことのほうが多いです。
将来の夢やしたいことは自分が求めるからこそ分かってくるのではないのかなと思います。
自分が求めていることに気づけると自分の将来の夢やしたいことが徐々に見えてくるのではないのかなと思います。
その為、これはあくまでキッカケ作りと考えてください。
誰だって自分の望む将来になってほしいと思います。
しかし、実際は自分の将来が分からず生活し、後になって後悔する人って多いと思います。
そんな後悔をしないためにも少しずつ自分の考えを正直にアウトプットしてみてください。
②努力の方向性が分かる
これは自分がしたいことに繋がるということです。なにか将来のためにやってみたいと思ってもなにをすればいいか分からない時って八方塞がりになって自分はなにをしたらいいのか分からなくなると思います。
とりあえず色んな事してみたけど、結局自分はなにをしたらいいんだろうと思うことも多いと思います。
そこで、何かに取り組んでいる時に自分が感じた本当の気持ちをアウトプットすると努力の方向性が少しずつ見えてくると思います。
「このことについて取り組んでいる時って楽しいな」、「これはみんなが良いと言っているけど自分はそんなに良いとは思わなかったな」など
正直な気持ちをアウトプットすることで、本当に自分がしたかったことに近づいていくと思います。すると努力の方向性も自然と分かってくると思います。
努力していることも楽しくなってくると思います。
それでも努力しても結果がついてこない…
と悩んでいる方はアリとキリギリスについて書いた記事も是非読んでみてください!

童話から学ぶこと アリとキリギリス

こんにちわ、リハビジョン(ろじウラのPT @roziuranoPT)です。 皆さんこんな事を新人の頃に感じた事はありませんか? 恐らく誰しもが1度は考えた事がある内容だと思います。 僕もその1人でした。1ヶ月のセミナー参加数は多いときでは、15回程度。 極力無料のセミナーに参加していたのですが、交通費だけでも片道1000円弱。 お金や時間をかけて頑張っているのに給料は同じ。 …

③考えの幅が広がる
自分の考えを抑え込んでいると無意識のうちに「これはこういうものだ」「それはなんでか知らないけどそういうものだ」「それはとにかく良いものだ」など、固定概念に囚われてしまい、頭が凝り固まってしまいます。
そこで、自分が思ったことや考えをアウトプットすると起こっている事象に対して疑問を考えることが増えていくと思います。
少しずつアウトプットすることで考える癖が徐々についていき、起こっている事象に対して色んな考えが浮かびやすくなります。すると1つの事象に対して1つの考えだけが生まれるのではなく、複数の考えが生まれてきます。
結果、考えの幅が広がり多角的に物事を捉えやすくなります。
これは後輩指導にも使えると思います。
人によって考えや思うことは違います。後輩の失敗や成功に対して多角的に捉えることが出来るようになれば、その後に後輩が考えることが気づきやすくなると思うので、声の掛け方も後輩によって変えやすく適切になると思います。
④知らない自分に気づける
これは、自分の考えを普段無意識に抑え込んでいる人は当てはまりやすいと思います。
無意識に考えを抑え込んでいるので、「本当は自分ってこんなこと考えているんだ!」と気づくことが増えてきます。
これは自己分析に繋がってきます。
なぜ自分が失敗したのか、成功したのか考えた時に「自分のこの考えが良くなかったから上手くいかなかったのか」「こういう風に考えていたから上手くいったのか」などです。
実は自分が悲観的に考えすぎていたから失敗していた、楽観的に考えていたから上手くいったなど、自分の行動の結果に対して気づくことが増えてくると思います。
意外と自分のことを見ようとしていてあまり見れていないことが多いと思います。
なので1度騙されたと思って、自分の本当の考えや気持ちをアウトプットしてみてください。意外と知らない自分が出てくると思います。
アウトプットする方法

では、次にどうやって自分の本当の気持ちや考えをアウトプットすればいいか書いていきます。コミュ障の僕が3つ紹介します。
紹介する前にアウトプットする上で重要なことを書きます。
それは、ありのままにアウトプットすることです。
どんなことに対しても、周りの目や常識、自分の能力や立場は気にせずに思ったことや考えたことをアウトプットしてください。
また、色んな経験をすることも合わせて大事です。これはセラピスト関連でなくても良いと思います。仕事でも遊びでも勉強でもなんでもいいので、色んな経験をして経験したことに対して1つ1つ考えていくことです。
それを踏まえて、今から紹介するものの中から自分に合ったものを少しずつ試してみてください。
仲の良い人に正直に伝えてみる
1番良いのはこれだと思います。
実際に他の人に自分の考えを話してみて、ディスカッションまで出来ればさらに良いと思います。
これにより、他人に自分の考えを伝える練習にもなりますし、ディスカッションまで出来れば自分の考えを深く、多角的に見えやすくなります。
ここで重要なのは、建設的な話し合いをするということです。
最初にも言いましたが、わがままな人になることが重要ではなく、お互いの考えを受け入れて初めて意味があります。一方的に自分の考えだけを肯定すると逆にその考えに囚われやすくなり、結果として考えが狭くなり逆効果になります。
あと、この方法を試す場合は何でも言える関係性の人にだけ試してください。下手したら自分の考えをアウトプットしたことで人間関係が崩れてしまうこともあるので…(笑)
Twitterを利用する
次に、オススメなのがTwitterを利用することです。
これは周りの目を気にしてしまう方や、今の人間関係を崩したくない方に特にオススメです。
Twitterは誰が書いているか分かりません。自分の正体も分かりません。なので、周りの目や自分の立場を気にせず、好きなようにアウトプットできます。
また、以前の記事にも書きましたがセラピストはTwitterをやった方が良いと個人的に思っています。

セラピストはTwitterをやるべき5つの理由

こんにちわ。彷徨うPTです。今回はセラピストはTwitterやるべきと思う理由を5つ話そうと思います。 セラピストって意外とTwitterなどのSNSを活用している人って少ないと思います。 僕が働いている職場でもセラピストとして、Twitterを利用している人はあまり聞かないです。 その現場を見て、とてももったいないなと思いました。Twitterを利用すれば、色んな事が出来るのにと …

 

役職や経験年数に関わらず、色んな職場で働くセラピストの方がTwitterを利用されているので、自分の考えや相手の考えについてディスカッションするには本当にオススメです!

紙に書きだす
やっぱり他人に自分の考えを見られるのは嫌だなと思う方はこれがオススメです。
これなら、誰かに見せることなく1人で自分の考えをフィードバックできます。
まずはここから初めてみて、ゆっくりでもいいので自分の考えを見つめ直すきっかけにしてみてください。
ここで重要なのは、色んな人の考えに触れることです。
自分との違いを理解し、そこで自分がどう感じたのかをフィードバックすると考えがまとまりやすくなると思います。
まとめ
今回は自分の考えをアウトプットすることの重要性について書かしていただきました。
日頃思っていることや考えていることをアウトプットするって意外と難しいですよね。
特に、日本の文化的な側面がそのような環境になっているのかなと思います。
ですが、自分のことを理解するためにも本当の考えをアウトプットすることをどんな時でも重要です。
今回の内容が、自分の将来の方向性に悩んでいる方や自己分析の参考になれば幸いです。
それでは今回はこれで終わります。最後まで読んでいただきありがとうございました。