回復期病院への意気込み

  • 2021年5月15日
  • 2021年5月15日
  • その他

こんにちわ、彷徨うPT(@samayouPT)です。

 

来月6月に老健から元々働いていた回復期病院に戻ります。

1年間老健で働いて色んな経験をさせてもらいました。色んなことを考えさせられました。

疑問に思うことについて一部記事にさせていただきました。もしよければ、そちらも読んでみてください。

リハビジョン

こんにちわ、彷徨うPT(@samayouPT)です。 元々、回復期の病院で働いていましたが、1年の期限付きで去年の6月か…

今回は回復期病院に戻る上での意気込みを書こうと思います。

お時間ある方は僕の個人的な意気込みにお付き合いください。笑

 

1人1人の患者さんに集中する

今までも患者さん1人1人に向き合ってきました。

しかし、研究の手伝いや学会参加(発表聞くだけ)など目の前の患者さんに必要な情報以外のことにも手を出していました。

今思えば患者さんに100%注げていたかと言うと疑問に思います。

どちらかというと自分の将来のために動いていた部分もありました。

もちろんこれからも研究やこのブログ、Twitterなど様々なことをしていくと思いますが患者さんを第一に働いていこうと思います。

 

退院支援時の他職種連携を強化
次に退院支援時の他職種連携を個人的にもっと取っていこうと思います。
退院前カンファレンスの際に医師やケアマネなど周りの意見に流されて自分の意見を発言していた部分があったなと感じる部分があります。
その為、担当患者さんがなぜその退所先に決まったのか、なぜそのサービスを利用するのか、しっかり理解していない部分がありました。
今後は老健で経験したことを元に、もっと退院後の生活についてセラピスト目線の意見を伝えていければと思います。
地域領域に強い理学療法士になる
これは意気込みと言うか、今の目標ではありますが今後は地域領域を拠点に理学療法士として働いていきたいなと考えています。
そのため、地域の分野に強い理学療法士を目指して地道に働いていこうと思います。
現状では「介護予防推進リーダー」「地域ケア会議推進リーダー」「フレイル対策推進マネージャー」を取得しましたので、より地域の勉強もしていこうと思います。
これは現時点での目標なので、彷徨うPTお得意の方向性変更があるかもしれません。笑
なので、その際はまた別の目標が出来るかもしれません。笑
まとめ
今回は個人的な意気込みについて書かしていただきました。
どれも基本的なことではあると思いますが、老健で働いて、今までと違う職場で働いて、自分を見つめ直す期間にもなりました。
見つめ直した結果、基本的な部分がまだまだ不十分だなと感じたことと、焦らず1つずつゆっくりと進んでいこうと思いました。
周りに流されず、自分のペースでこれからも頑張っていこうと思います。こんな彷徨うPTですが、これからもよろしくお願いします。
それでは今回はこれで終わります。最後まで読んでいただきありがとうございました。