動作に繋げるためのキッキングの3つのポイント

  • 2021年9月22日
  • 2021年9月22日
  • 未分類

お疲れ様です。

ろじウラのPT(@roziuranoPT)です!!

 

治療で筋力増強トレーニング(以下筋トレ)を行った事はありますか?

多くのセラピストは治療のメニューとして取り入れていると思います。

その筋トレは本当に効果がある筋トレですか?起立獲得、歩行獲得と目標が違うのに、同じ内容の筋トレをしていませんか?

 

今回は筋トレの中でも、セラピストが1度は治療として行った事があるであろうキッキングの方法について書きたいと思います。

 

キッキングのポイント

まず、僕自身がキッキングを行うにあたってのポイントをお伝えします。

よく臨床現場でキッキングを行っているセラピストを目にします。ただ、どのセラピストも患者さんに対して何かに繋げるよりも、筋トレの1つとして行っている程度な印象です。

しかし、キッキング1つするにしても、歩行のICやLRの獲得に繋げる事もできますし、起立動作や寝返りに繋げる事も出来ます。

 

今している治療がだたの筋トレではなく、動作に繋げる為の筋トレ(今回はキッキング)の治療にする為に僕が意識しているポイントとしては、3つあります。

 

●患者さんの足のどこから押すのか

●どの方向に向かって抵抗を掛けるか

●患者さんにどの方向に動かしてもらうか

 

の大きく3つの要素に分けています。

今回は3つのポイントについて細かく説明していきます。

 

押す位置

簡単に言うと足のどこを持って押すかです。

皆さんはどこを持ちますか?

PNFの様に伸展筋群の活動を促したいのならつま先から抵抗を掛けていくと思います。

臨床現場で多く目撃するのは、前腕でつま先を支え、手で踵を抑える様に持つ場面を多く見ると思います

この方法でキッキングを行うと、患者さんはどうしてもつま先に力が入りやすくなってしまいます。もし麻痺の方であれば、伸展パターンが入ってしまい、筋緊張が亢進しやすくなってしまい、分離を図る事が難しくなります。そうすると歩行の際に、つま先接地やバックニーになってしまいます。

なので、キッキングを行うにあたり持つ位置は注意する必要があります。

 

では、どこを持てばいいのか。

僕は踵だけを持つようにしています。床反力を再現するイメージで踵を持っています。

そうする事で起立や歩行などの動作に繋げやすくなります。

 

抵抗方向

簡単に言うと、どの方向に抵抗を掛けるかです

抵抗方向(外部モーメント)によって関節の動く方向が決まります。

また、外部モーメントが働いた際に合わせて関節トルクが働き、関節が動かされます。

これを関節モーメントといいます

 

関節モーメントと書くと、苦手意識を持つ方が多いと思うので、僕は簡単にモーメント=シーソーと考えています

簡単に重たい方に板が傾く、軽い方の板が上がる

支点から遠ければ、遠い程、軽い力でも板が傾く

のがシーソーです。

 

これを人で考えています

床反力が支点の前を通れば、足関節は背屈します

床反力が支点の後ろを通れば、足関節は底屈します

回転する方向が変わればもちろん筋収縮も変わっていきます

しかし、筋収縮は回転する方向とは逆の筋肉が収縮します

 

外部モーメントが背屈方向に働くと、それに合わせて内部モーメントの働きで下腿三頭筋が収縮します。

外部モーメントが底屈方向に働くと、それに合わせて内部モーメントの働きで前脛骨筋が収縮します。

 

 

では、抵抗方向を意識するとどうなるかもう分かりますね。

 

抵抗方向を変える事で、収縮する筋肉を変えています

図の様に膝関節・股関節の前を床反力が通るイメージで抵抗をかけるとします

そうすると、膝関節は伸展方向に板が回転、股関節は屈曲方向に板が回転します

膝関節は伸展するので筋収縮は屈曲筋(ハムストリングスetc)

股関節は屈曲するので筋収縮は伸展筋(殿筋群etc)

の筋発揮を促す事が出来ます。

 

なので、収縮を促したい筋肉に合わせ抵抗をかける方向を変えています

 

運動方向

簡単に言うと患者さんがどの方向にキッキングをしてくれるかです

キッキングの方向によって、

歩行時のICの獲得に繋げるのか、

歩行時のLRの獲得に繋げるのか

起立時の殿部離床相に繋げるのか

など、動かす方向により動作の獲得に繋げることが出来ます

 

ICに繋げるのであれば、天井方向にキッキングを行っていきますし、立脚期に繋げるのであれば、踵が床を蹴る様なイメージでキッキングを行っていきます。

 

極力動作に近づける様にキッキングを行う事で、その動作に必要な筋収縮を促す事ができ、結果的に動作の獲得に繋げる事が出来ます。

まとめ

 

 

●患者さんの足のどこから押すのか⇒床反力をイメージし踵から抵抗をかける

●どの方向に向かって抵抗を掛けるか⇒関節の前・後ろのどこに床反力を通すかによって筋収縮が変わってくる

●患者さんにどの方向に動かしてもらうか⇒動作に近い運動を行ってもらう

 

今回はキッキングについて書きましたが、3つのポイントを意識するだけでキッキング以外の他の筋トレにも応用することができると思います。

 

明日の臨床から実践してもらえたらと思います。

 

長々とありがとうございました!